地方銀行の商品を研究してみる

イベントが盛んな伊予銀行

伊予銀行の投資商品と資産づくり

伊予銀行は金融商品が豊富なため、資産づくりを行う人に向いている銀行です。伊予銀行で普通預金を利用する人もいますが、貯蓄を考えている人の中には、定期預金や貯蓄預金、外貨預金の口座を開設して活用するという人も見られます。どの金融機関でも預金は低金利であるため、資産づくりとしての効果が少なくなっていますが、伊予銀行の定期預金では、大口定期の5年もので高い金利がみられるほか、スーパー定期でも高めの金利であることから、ある程度の資産づくり効果が期待できます。

中でも、伊予銀行には、マドンナ長期定期といった定期預金があり、この預金は3年から5年で資産運用を考える人に向いています。定期預金の中でも金利が高いことが特徴であることから人気があります。

ほかに預金では、インターネット支店専用の定期預金、豪ドル、米ドル、人民元などの外貨定期預金において高めの金利であるため、資産づくりとして効果が期待できます。

また、伊予銀行では、投資信託を中心とした積立による積立投資もできます。積立投資では、いま資産運用の効果を上げる方法として、NISA口座開設がすすめられています。NISAの活用による投資は、預金による資産づくりに代わる方法として注目され、預金では満足できないという人からの利用が増えています。

NISA口座を活用した積立投資では、投資による利益に対して一定の金額まで課税されないため、NISAを利用しないときよりも、受け取れる分配金が多くなることが特徴です。伊予銀行の積立投資なら、はじまったばかりのNISAを利用することにより、安定した利益を得ることができます。投資の中でも比較的にリスクが少なく、効果的な資産づくりが可能です。

リンク情報

金融機関の低金利な預金について 『定期預金の金利の比較
NISAについて 『NISA(ニーサ)日本版ISA、新制度を上手に活用

イベントが盛んな伊予銀行

四国で活躍する地域密着型の高知銀行

ページの上部へ